ACLS Experiencedプロバイダーコース

コースの概要 受講の注意点 教材について 当日の準備    

コースの概要

ACLS EPコースは、院内、救急部、あるいは院外でチームリーダーに求められる救急救命スキルを学んでいただけるように設計されています。 本コースでは短時間で広範な内容を取り扱うため、事前学習をよろしくお願い申し上げます。
ACLSプロバイダーコースの更新と、それにつづく経験を積んだプロバイダー(Experienced Provider, EP) にとってのトピックとケース学習に焦点を合わせるため、コース開始時のACLSプロバイダー試験に合格することがEPコース受講の条件です。 (そのため事前にACLS自己評価(Precourse Self Assessment)を必ず行ってからコースに参加してすることをお勧めいたします。 事前学習の方法はコース受講承認時にお知らせします。)
BLSは心肺蘇生法を体得するためのコース、ACLSは心停止のアルゴリズムを習得するコースと「心停止の傷病者」に焦点をあてているのに対し、 ACLS EPは主に「心停止に陥る可能性がある重篤な傷病者」への対処方法を一緒に考えていくコースと言えるでしょう。 G2010より新たにAHAが提唱するACLS EPサーベイという評価方法を用いて、 「HとT」の鑑別診断とその初期治療について学んでいくコースと思っていただければわかりやすいかもしれません。
心停止になりつつある状態を予測し、その原因を特定して心停止を未然に防ぎ、転機を改善させる方法を学ぶことが目的です。

コースを受講するには教材が必要となります。
教材をお持ちでない方は、受講できません。
※コース申込みと同時に教材を購入すると送料無料などの特典がございます。
ACLS EP
マニュアル・リソーステキスト
(AHAガイドライン2010準拠)
受講時間 1日間(9時間程度)
受講対象者 医師、看護師、救急救命士、コ・メディカルスタッフ。

受講条件

1)ACLSーEPコース受講申込み時に以下のいずれかのAHA ACLSカードを提示できること。

● AHA ACLSプロバイダーカード

● AHA ACLSインストラクターカード

● AHA ACLS-EPプロバイダーカード

● AHA ACLS-EPインストラクターカード


※ AHA ACLSプロバイダーカード、AHA ACLSインストラクターカードの有効期限は問いません。

※下記の場合、FAXにてカードの確認をさせていただいております。
    あらかじめご了承下さい。
‘本ACLS協会(JAA)以外の団体で受講されたAHA ACLSプロバイダー、
    もしくはAHA ACLSインストラクターカードを保持されている場合
⇒効期限を過ぎたAHA ACLSプロバイダー、もしくはAHA ACLSインストラクターカードを保持されている場合

2)ACLSプロバイダーマニュアルに記載されている10の核となるケース
(Core Case)を理解していること。
3)ACLSプロバイダーマニュアル に記載されている核となるケースのため
のACLSアルゴリズムを理解していること。
内容 1. ACLS EPコースの最初に、ACLSプロバイダーコースのリニューアルを行います。 内容は、筆記テストと成人に対する1人法のCPRおよびAEDスキル、(口咽頭エアウェイまたは鼻咽頭エアウェイを含む) バッグマスク換気スキル、およびメガコードスキルテストが含まれます。
   1-1. 筆記試験を実施します。合格基準は84点です。コース参加前にACLS自己評価(Precourse Self Assessment)を必ず済ませてください。 事前学習の方法はコース受講承認時にお知らせします。
   1-2. 成人に対する1人法のCPRおよびAEDスキルテストを実施します。スキルチェックシートを用いて評価します。 軽い運動のできる服装でご来場いただき、ポケットマスクをご用意ください。
   1-3. バッグマスク換気スキルテストを実施します。スキルチェックシートを用いて評価します。
   1-4. メガコードスキルテストを実施します。G2010ACLSコースと同様の実技評価を行います。 通常のプロバイダ―コースのような練習時間は確保していませんので、十分な予習をお願いいたします。

2. 「心血管系」「臨床薬理と中毒」「呼吸と代謝」「心拍再開後治療」の 4つのACLS EPラーニングステーション(LS)を回って各症例の討論を行っていただきます。 グループ内でのお互いのディスカッションが主となりますので、 それぞれのステーションで発言を求められます。 講義形式ではございません。リソーステキストを使用しますので、必ずコースには持参してください。 内容に関しては同封のアジェンダやリソーステキストをご参照ください。 (例えばACS、低体温症、薬物中毒、喘息,アナフィラキシー,糖尿病性ケトアシドーシスなど)

注意:上記1-1~1-4までのACLSリニューアル試験のパートで総合的な判断にて不合格となった場合、 EPコース自体の履修は困難と思われますので、以降のコース参加をご辞退頂く場合もございます。その場合、見学参加も不可となります。 最初の「ACLS G2010の概要」という講義以外に予習時間はなく筆記試験は一回のみです。 なお途中でご辞退いただいた場合、受講料の返却はございませんのでご了承ください。
G2010 ACLSリニューアルコースとしての質の確保のため、厳しい参加条件となりますが、十分ご了承の上、受講お申し込みください。

※より確実なG2010のACLSのアップデートをご希望の方には、ACLSリニューアルコース(通常のACLSコースを1日で復習するコース)あるいはACLSプロバイダーコース(通常の2日間のコース)を受講されますことをお勧めいたします。
当日必要な教材 1.ACLS EP マニュアル・リソーステキスト(AHAガイドライン2010)

2.『ECC(救急心血管治療)ハンドブック2010』(参考)

3.『AHA心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2010』(参考)

4.ポケットマスク
筆記試験 あり
※ ACLSコース内容の試験のみ。EPコースに関する筆記試験ではありません。
筆記試験合格基準 84%以上の正解 50問中42問以上の正解が必要。
※ ACLS更新に対しての試験のみ。EPコースに対する筆記試験等はございません。
再試験 なし
実技評価 あり
・成人に対する1人法のCPRおよびAEDスキル、(OPAまたはNPAを含む)
・バッグマスク換気スキル
・メガコードスキルテスト
合格基準 1)コースの全課程に参加していること。
2)AHAの求める実技の能力が十分であること。
3)ACLS リニューアルG2010 の能力があること。(筆記試験において84%以上正解していることなど)
標準受講料 30,300円
合格認定証 ACLS Provide Card(有効期限2年間延長)
ACLS−Experienced Provider(有効期限2年間)
※ カードは英文です。

 

教材について

● AHAの正規の教材を用います。コースの事前に各自でご購入のうえ、予習していただけますようお願い致します。テキストは「ACLS EP マニュアル・リソーステキスト」となります。
(テキスト並びにコースで使用するテストの著作権はAHAにありますので、許可なく撮影・転用・掲載・リンクはできません。)
● コース当日は必ずご自分の教材をお持ちください。教材が無いと受講できません。
● トレーニングサイトによっては教材及びポケットマスクを忘れた方の為に当日販売をしているところもありますが、数に限りがございますので、事前にご準備いただけますようお願いいたします。

 

コース申込みと同時に教材を購入すると送料無料などの特典がございます。


ACLS EP
マニュアル・リソーステキスト
(AHAガイドライン2010)

top

 

受講の注意点

  • ● 十分に教科書を熟読の上ご参加下さい。
  • ● 事前にACLS自己評価(Precourse Self Assessment)を必ず行ってからコースに参加して下さい。事前学習の方法はコース受講承認時にお知らせします。
  • ● AHAのすべてのコースは 最初から最後までご参加いただけることを基本としています。遅刻・途中退席・早退などの場合はコースを終了したものとはみなされないことがありますので、ご留意ください。
  • ● コース進行状況によって終了時間も変更となる場合がございますので、電車、飛行機等乗物の時間には十分な余裕をお取りください。

 

当日の準備

当日は時間厳守でお願いします。
実技では 床にマネキンをおいて人工呼吸、心臓マッサージを行いますので軽い運動ができるような服装でおいで下さい。
女性の方は ズボンをはいてきてください。また人工呼吸の時には口紅をおとしてください。
人工呼吸のためにポケットマスクを使用します。必ず持参してください。
当日風邪をひいて咳が出る方は参加することができませんので、体調を整えておいてください。

 

top